イオン

イオンが9日発表した21年2月期連結決算は、
純損益が710億円の赤字(前期は268億円の黒字)に
転落したそうです。

赤字はリーマン・ショックで消費が
冷え込んだ09年2月期の27億円以来
12年ぶりで、赤字額は上場後で
過去最大となったそうです。

新型コロナの感染拡大を受けた昨年春の
臨時休業や時短営業が響いた。
店舗の収益力低下を織り込んで固定資産の
減損処理を行い、462億円の特別損失を
計上したことも影響した。

営業収益は8兆6039億円と前期比で微減。

営業利益は30.1%減ったものの1505億円の
黒字を確保した。
巣ごもり需要で、スーパーやドラッグストアの
売り上げが好調だった。

純損益が赤字ですか。
スーパーでも厳しいのですね。
コロナの影響は、大きいですね。

 

半導体不足

ホワイトハウスのサキ報道官は8日、
世界的に続く半導体不足について、16日に
開かれる日米首脳会談で「間違いなく議題の
一つになるだろう」と述べたそうです。

半導体は中国に対する安全保障戦略上も
重要性を強めている。
米国側が正式に、日米首脳間で供給の
安定化や多様化に向けた連携策を
話し合う方針を示したそうです。

半導体はコロナ禍による需給の混乱で
品薄状態が続き、3月の半導体大手ルネサス
エレクトロニクスの工場火災などで供給不足に
拍車がかかった。

8日には、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ
などが新たな操業停止措置を発表。
減産を余儀なくされる事態が続けば、バイデン
大統領の目指すコロナ危機からの復興の
足かせにもなりかねない。

アメリカの自動車は、テキサスの停電の
影響で、半導体工場が止まったからですよ。

風力発電とかするから、電気が足らなくなった
ようです。
バイデン政権の脱炭素で、風力発電を進めて
いますからね。
皮肉です。

 

ソニー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
タイで、傘下の映画スタジオ、コロンビア・
ピクチャーズの名前と映画を使ったウオーター
テーマパークを開設するそうです。

新型コロナウイルスパンデミック
(世界的大流行)後の観光業回復に
タイミングを合わせたい意向だ。

ソニーはアトラクション開発業者アマゾン・
フォールズと協力し、コロンビア・ピクチャーズの
「アクアバース」を建設する。

アマゾン・フォールズが運営する既存の
ウオーターパークを拡張・リブランドするもので、
新たなパークには「ゴーストバスターズ」や
ジュマンジ」、「モンスター・ホテル」
などの映画のキャラクターを使った
アトラクションやライドが追加されるそうです。

ソニーの6日の発表によれば、バンコクから
約90分のバンサライで開発中のパークは広さ
14エーカー(5.7ヘクタール)で、2021年10月
から段階的にオープンする予定。

なぜタイなのでしょうか。
これからの国なのでしょうかね。
観光客が増えるかもしれませんね。

ソニーも世界的に動きますね。

 

JR東日本

JR東日本は6日、2020年度の
鉄道営業収入(推計値)が過去最大の
落ち込みとなったと発表したそうです。

新型コロナウイルス感染拡大前の
18年度と比較して49・4%減と半減したそうです。

内訳では、買い物や観光などの定期外収入が、
18年度比で57・2%減だった。

特に新幹線や在来線特急など、100キロ・
メートル以上移動する中長距離収入は、71・4%減と
大幅に落ち込んだ。

通勤や通学などの定期収入は27・7%減で、
比較的落ち込みは小さかった。

ゴールデンウィーク中の予約状況は、19年度比で
3割程度にとどまっているという。

マスコミが、こんなに騒いだらどこへも
行きませんね。
海外に比較して、感染者は少ないです。
少し、煽りすぎです。

 

首都圏私大生

私立大学の新入生への仕送り額が過去最低に
なったそうです。

教職員らで作る団体は、首都圏の9つの
私立大学で去年4月に入学した新入生を
対象に家計負担調査を実施しました。

その結果、一月の仕送り額の平均が
8万2400円で、過去最低となりました。

仕送り額から家賃を除いた一日あたりの
生活費はわずか607円になります。

団体はこの結果から、「新型コロナウイルス
よる家庭の収入減が影響している」と分析しています。

また、「今まで通りの仕送りができないと
いう不安の声が多く寄せられている」
ということです。

コロナで、アルバイトもできなくなっています。
都会は、家賃が高いですからね。

厳しいですね。

 

花王とカネボウ

花王は15年前に「カネボウ化粧品」を
買収していますが、統合が進んで
いなかったそうです。

買収後、今まで、別々としていた
化粧品のブランド事業部をようやく、
今年1月に統合したそうです。

花王は、2020年12月期の、営業利益が
前期比17%減の1755億円となりました。

洗剤やハンドソープなどの事業は
増益でしたが、前期比減となった要因が
化粧品事業です。

化粧品事業は2019年の営業利益414億円から
2020年は94%減の26億円にまで落ち込んで
います。

営業利益の割合も13.7%から1.1%へと
他の事業に比べて存在感が薄れてしまって
います。

もともと、インバウンド需要が旺盛な時期から、
化粧品業界では「花王の一人負け」と
言われており、競合他社の資生堂やコーセーとは
ずいぶんと差を開けられていました。

2つのブランドが別々動いていたことで、
美容部員が2倍必要であったり、縦割りで
無駄な根回しといった、非効率な事業運営が
競争力を弱めていたそうです。

コロナの影響が大きいですね。
選択と集中ですね。
これからですね。

 

国民民主党

国民民主党は2日、昨年9月の党設立後、
初めての定期党大会を東京都内で開き、
次期衆院選の対策などを盛り込んだ
今年度の活動方針を決定したそうです。

玉木雄一郎代表はあいさつで、孤独・
孤立対策担当相の実現など同党の政策提言の
成果を強調し、「未来を先取りし、
『政策提案型』をさらに『政策先導型』に
進化させる。これが第一の活動方針だ」と述べた。

今年度活動方針は、衆院選に関し「地域事情等を
勘案しつつ、野党候補をできる限り一本化する」とした。

一方で、比例ブロックでの議席獲得に
向け「党公認候補の擁立を進める」と明記した。

顔が見えませんね。
政策もわかりません。
何をやりたいのでしょうか。
立憲民主党でも、支持率は、数パーセントです。
国民民主党は、もっと低いです。

次の議席は厳しいでしょうね。